協会概要

» トップ » 協会概要

日本風呂敷協会 協会概要

目的
「風呂敷文化の復活」と「風呂敷の普及」
設立経緯
日常生活での風呂敷が使われる機会が減少している状況に対して、業界企業として何か取り組みたいと考えると共に、環境問題や日本の文化見直しの流れを感じて業界企業4社で平成13年4月に結成された「ふろしき友の会」が前身。
平成17年4月に、更なる発展のために団体名を「日本風呂敷(ふろしき)協会」に変更すると共に加入企業を拡大して、風呂敷製造工程の白生地・織・染・問屋等の企業13社(平成20年5月現在)で再出発したものである。
主な活動
1. 「風呂敷文化」に関するセミナーおよびギャラリー見学会の開催
2. 「風呂敷の普及」のため、ラッピング教室の開催
3. 新しい風呂敷開発のため、「ふろしきデザインコンペ」への支援
4. その他、上記活動に関連した活動
代表者
事務局長:久保村 正高

お問合せ先

京都本部
〒604−8163
京都市中京区室町通六角下ル鯉山町510番地 宮井京都ビル2階
Tel 075-221-0389
E-mail:kyoto@japan-furoshiki.jp
東京支部
【2016年5月12日に移転しました】
〒103−0006
東京都中央区日本橋富沢町7-2 森本ビル1階
Tel 03-3661-1120
E-mail:tokyo@japan-furoshiki.jp

法人会員のご紹介

▲このページの一番上に戻る